未分類

やりたいことに合わせてソフトを導入すべし

3DのCADソフトを導入したいのであれば、AUTO CAD以外にもソフトウェアはいくつも有料で提供されていますので、他のソフトの導入も検討しておくべきであると言えます。有料で提供されるソフトは互換性のあるフリーソフトとは違い、使いやすさを追求した独自の機能が追加されているもので、これが他ソフトとの差別化にもつながっているため、有料には有料なりの理由があるということです。先に述べたAUTO CADのLT版は最新の情報で最安値が1万6千円台から購入が可能で、1年間のライセンスだとLT版が4万5千円から市場に出回っていますが、より安く他のCADソフトが提供されていることもありますので、そういった安い他ソフトにも注目してみても良いかもしれません。年間の利用で3万円台から利用可能なソフトなどもあるので、このような比較的安いソフトを利用するのもアリです。

AUTO CADにこだわるのであれば、LT版の購入を検討してみる。それでも高いと感じるのであれば無料のCADソフトを導入してみることをおすすめします。いずれにせよ、実際の現場にて、ソフトにどの程度の使いやすさやクオリティを求めるかといった問題もあるため、まずはそのソフトでやりたいことを明確にしてから導入を検討することをおすすめします。

未分類

互換のソフトウェアを利用する

AUTO CADのデメリットでもあるコストパフォーマンスの悪さを改善したいのであれば、互換性のあるフリーソフトを導入するのもおすすめです。フリーソフトを利用する利点としては、まずは費用を格安に抑えられるという点にあります。フリーソフトは文字通り、価格は無料となっており、試しに導入してみたいという方にとっては非常に有効な手段と言えますね。もちろん安さの裏にはデメリットがあることも事実です。デメリットとしては正規のAUTO CADと比較して操作性が優れず、やりたいことができない可能性がある点や、実装されていないシステムもあるという点が挙げられます。初めてCADのソフトを使用するのならばまだしも、これまでAUTO CADを使用していて、使い慣れていたという方にとっては、使いやすさに少々不満を持ってしまうかもしれません。

互換のソフトウェアにはいくつも種類があり、AUTO CADとの互換性が高いソフトも存在しています。これらは有料にはなりますが、正規品に比べたらはるかにリーズナブルな金額になっています。導入するか否か迷っているのであれば、まずフリーソフトを導入して試してみるということも必要かもしれません。若干機能性には劣るかもしれませんが、その分価格も安く、いえ無料になっていることはデメリットにも勝るメリットと言えます。ぜひ1度試してみてください。

未分類

AUTO CADは高い!

いまだに製品の図面を引く際に紙へ手書きしているという方も少なくなってきています。CADはコンピューター上で製図を行い、より正確な図面を引くことのできるシステムのことを指し、製造業の会社はほとんどこのCADシステムを導入しています。以前は2Dが中心だったCADですが、近年では3DのCADも登場しており立体的な図面も引けるようになってきています。さて、このように製造業にとっては必要不可欠な存在となっているCADですが、難点が1つだけあります。それは導入にかかるコストが高過ぎるという点です。気になる価格は、汎用性の高いAUTO CADが1年間の使用で16万円、2年間で30万円程度となっており、試しに購入してみるといったような導入も簡単にはできないという現実があります。AUTO CADの価格は使用する期間が長ければ長いほど、より安くなるような価格設定がなされており、コスト面を考慮するならば長期間の契約を結ぶ必要がありますが、システムを導入するにあたって使用し続けるかどうかも分からないという段階の議論をしているのならば、これだけのお金を支払うのはもったいない感じもするものでしょう。

そんなコスト面を考慮する方にはAUTO CADのLT版の購入をおすすめします。LT版では使用できる機能が安くなっている代わりに料金についても25%程度におさえられており、より安く購入することが可能です。この他にもCADのシステムを安く導入する方法はいくつかあります。当サイトでは導入費用をより安くする方法をご紹介していきます。